アセンション:夢とパラレルワールド

◎下記は私の見た、夢の体験をもとに記したものです。


2017年12月14日、朝。

時計の目覚ましの音で起きたはずが再び30分ほど眠ってしまい、

その時に見た夢がパラレルワールドの産物だったのです。

いかに自分という存在が、多次元世界に散らばっている単体であるかを思い知らされました。


夢はリアルな夢ほど、意識界との繋がりが多く遺伝子層に反映されます。

投影された夢のほとんどが実体は無く、遺伝子層から解体された意識のほんの一部です。

それは集合体としての意識が反映されて出来るからです。

 

夢はアストラル界から離脱した魂の投影です。

アストラル界から離脱した魂は本来の持つエネルギー体に戻りアストラル体を作ります。

この球体が次元間を行き来するエネルギー質なのです。

アストラル体とは意識の映し。

だから現実世界のもとに繋がりやすいのです。

 

夢の前兆、明晰夢(めいせきむ)とは遺伝子にプログラムされた意識のフォトグラム。

このフォトグラムを潜在意識に反映させれば、夢は現実化する。

チャネリングによると正夢(まさゆめ)は明晰夢の原型とのこと。

この夢の構造が、これから単体である私たちの意識の中にあらわれる

アセンションを象(かたど)るのです。


固定有機化合物から作り出されるアモルファス遷移(せんい)は、

形状となる固形物質、フォトンのエネルギー因子を作り出すと変化します。

アモルファス遷移は、私たちの持つ有形化合物なのです。

 

それが創造する未来像へ私たちを運ぶ。

創造する物質は遺伝子のもとに繋がる意識エネルギーになる。

これがフォトンベルトに繋がる遺伝子群です。


◎下記が、私の見たパラレルワールドの夢です。

夢の中で手渡されたノート。それは【魂の記録】でした。

ノートに書き出された一文が私の意識に反映されて、映画のように映像が甦るのです。

映し出された過去の映像を見た私は、夢の中で強く反省していました。

 

内容は、 

私は“誰か”を傷つけようとしてナイフを握りしめていました。

その“相手”に危害を加えようとした瞬間!

手に持っていたナイフは石のように粉々に砕けて散ったのです。

 

この光景が意識の中に甦ると私は、自分の犯した過ちに深い後悔の念をいだいたんです。

夢の中で私は罪悪感を持ち、深く反省しました。

 

そして眠りから目覚めて、ボーッとした意識の中でも強く反省していました。

起床して5分、10分が経過すると「あれ?…私、そんなことしたっけ?憶えていない…」。

何度考えても考えても、夢の中の行動が自分だったのか、思い出せないのです。

 

そして意識がハッキリして来ると、

この体験が意識の中に記録された出来事で、自分の魂の記憶だったことを知ったのです。

 

パラレルワールドの繫がりは、遺伝子層に反映されて意識を繫ぐ私たちへと

保持した過去の出来事を同じように、リアルな夢として伝えたのです。

これには吃驚!(@_@)!不思議な体験でした。


※フォトグラム=photogram

アセンション:夢とパラレルワールド
アセンション:夢とパラレルワールド